保険診療の流れ

いびきや無呼吸の症状がある患者様の検査と治療の流れになります。

1. 問 診

問 診

iPadによる問診を受けていただきます。(無料)

2. 診察前検査

診察前検査

自律神経機能疲労度検査を受けていただきます。(無料)
交感神経と副交感神経のバランスを測定することで、客観的に自律神経の疲労度をみることができます。その他、血圧・体重の測定、尿検査を保険診療にて行います。

3. いびきや無呼吸がある方向けに実施している検査

いびきや無呼吸がある方向けに実施している検査

簡易型PSG検査

ご自宅にて、ご自身で装置を装着し、1晩の睡眠中の呼吸、心拍と酸素飽和度を測定します。 中途覚醒や睡眠熟睡度、睡眠時無呼吸の有無はもちろん、いびきの有無、いびきの呼吸への影響等がわかります。(原則、保険診療にて実施。3割負担の場合の自己負担額は2,700円程度。すでに他院で実施されている場合、保険適用できないことがあります。)

※いびきや無呼吸以外の原因による疲労が考えられる場合
保険診療による血液検査や、自費による唾液ヘルペス検査などにより、疲労の原因を調べます。(検査の実施については、患者様の意向を尊重いたします。) 
「自費検査・治療」へ

4. 治 療

治 療
治 療

検査の結果により、保険適用による治療が必要な睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、治療法として、ご自宅にて睡眠中に装着していただくCPAP(持続的自動気道陽圧ユニット)という医療機器を使っていただきます。(保険適用での治療は、原則、毎月1度の診察が必要です。3割負担の場合の自己負担額は5,000円弱。)
保険適用には満たないが、疲労の原因の一つと考えられるレベルのいびきや無呼吸が検出された場合は、ご希望により、自費による治療も行っております。
「自費検査・治療」へ

CPAP疲労回復療法